2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2021年7月19日 (月)

ゆい通信110号が発行されました

7月15日に、ゆい通信110号が発行されました。当会も参加した、動物園清掃、ネットワーク総会や桐生駅構内に置かれたステーションピアノ「キリピア」エキナカチャレンジショップ「オーライ」の近況など、話題盛りだくさんです。

きりゅう市民活動推進ネットワークの情報誌として、印刷媒体で配信される同通信ですが、通常はモノクロですが今回はデータでいただきましたのでカラー版でお楽しみください。

ダウンロード - 110e58fb73e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - 110e58fb72e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - 110e58fb74e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - 110e58fb71e99da2_page0001.jpg

 

2021年7月16日 (金)

群馬県からのお知らせです

群馬県の地域づくりを担当する課から、この先の新型コロナウイルスの感染拡大防止に関するお知らせが来ました。群馬県では、この先も警戒レベル2が維持されるようです。オリンピックの開催も迫り、浮かれて感染者が増えないことを祈りたいものです。

梅雨も明けて、暑い夏がやって来ました。熱中症に注意して、コロナにかからないで暑さを乗り切りましょう。

ダウンロード - e7a4bee4bc9ae7b58ce6b888e6b4bbe58b95e5868de9968be381abe59091e38191e3819fe382ace382a4e38389efbfbde383a9e382a4e383b3e381abe59fbae381a5e3818fe8a681e8ab8b280719e4bba5e9998d29.pdf

Ajisaimaturi1_20210716133601

2021年7月11日 (日)

桐生が岡動物園清掃をしました

 「みんなできれいにすることをカンガル~!」ということで、きりゅう市民活動推進ネットワークが毎年実施している、動物園清掃に参加しました。梅雨の季節なので、雨が心配でしたが、すっかり良い天気で暑い日になりました。新型コロナの影響で、参加者が集まるかどうか心配していましたが、地元の高校生をはじめ、いろいろな企業や団体の協力で、200名近くの参加がありました。

1jpg 2_20210711165501

午前9時の開門と同時に、検温と受付を済ませた参加者は、ドッと園内に繰り込み、草刈りをはじめ、園内の清掃に取り組みました。今年は、集合写真は撮りませんでしたが、横断幕を作って写真スポットを用意したので、参加した団体はそれぞれ参加の証を撮っていたようです。山田製作所様から飲み物を寄贈していただき、水分摂取に気をつけながら、10時半迄の間、清掃活動をしました。動物園のトラックいっぱいの雑草やごみが集まりました。

1_20210711165601 Photo_20210711165501

参加者は、ネットワークが用意した玄米おにぎりをもらい、くじ引きをしてクオカードやSDGsバッジなどの賞品ももらい、三三五五の解散になりました。

Photo_20210711165601

桐生が岡公園は、只今景観整備中です。近いうちに、桐生新町を見下ろすかつての景観がよみがえりそうです。公園の目玉として展示されているノースアメリカンT6練習機も、お色直しをしてきれいになっていました。

Photo_20210711165701 T6

梅雨末期の豪雨が心配される時期です。連日激しい夕立に見舞われていますが、この日も雄大な積乱雲が見られました。豪雨に注意しましょう!

Photo_20210711165602

 

2021年7月 4日 (日)

群馬県からのお知らせがありました

梅雨末期の豪雨が発生しやすい時期を迎えていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。群馬県地域創生課から、新型コロナウイルスに関する警戒レベル変更のお知らせがありましたのでお伝えします。

ダウンロード - e7a4bee4bc9ae7b58ce6b888e6b4bbe58b95e5868de9968be381abe59091e38191e3819fe382ace382a4e38389efbfbde383a9e382a4e383b3e381abe59fbae381a5e3818fe8a681e8ab8b280705e4bba5e9998d29.pdf

 

2021年7月 3日 (土)

7月度定例会開催

2021年7月3日(土)、下新田駅清掃とハーブ園のメンテナンスが行われ、13名の参加がありました。

21img_9764

駅周辺には若干の吸い殻やゴミのポイ捨てが見られましたが、きれいに片づけました。ハーブ園は色々な花が咲き誇り、通り過ぎる人々を楽しませてくれています。

21img_9773

コロナ禍はまだまだ予断を許さない状況が続きますが、皆様どうぞお元気でお過ごしください。

次回の駅清掃とハーブ園の手入れは8月7日に実施いたします。

 

 

2021年6月28日 (月)

7月の定例会は開催いたします

 新型コロナウイルスの感染状況について、群馬県ではまん延防止等特別措置が解除されて以降警戒レベル3が続いています。7月の定例会は、7月3日(土)の朝に予定されておりますが、警戒レベル3ですので、三密等に注意しつつ予定通り開催をしたいと考えます。各自、感染予防処置を取ったうえで、無理のない範囲でご参加いただけますと幸いです。なお、ご参加になれない方もいらっしゃると思いますので、当日の連絡事項は、後日、会員メール並びに当ブログにてお知らせをいたします。間もなく7月です。例年ですとあじさい祭りの時期ですが、ご承知の通り、今年度は中止が決まっております。梅雨も後半となり、豪雨災害が心配な時期を迎えます。会員の皆様は、コロナと合わせてどうぞお気を付けください。

 写真は、11年前の桐生駅です。4本のホームがすべて埋まっていますが、JRはまだ115系がメインでしたので、3番四番線には丸いお目めの115系が並んでいます。

4_20210628163801

 

 

2021年6月21日 (月)

「足尾鐵道でたどるあかがね街道と渡良瀬川」やっています

 桐生市本町二丁目にある桐生歴史文化資料館で、8月1日(日)まで、表記特別展示会を開催中です。

 古河市兵衛によって枯渇状況の足尾銅山が大躍進して明治の日本を支える大銅山に変貌したころの様子を、数々の写真で展示しています。銅山で使う資材や、出来上がった銅を運んだ、現在のわたらせ渓谷鐵道につながる足尾鐵道のかつての様子、昭和の観光ブーム時代に東武鉄道の赤城山開発の一環として走った赤城鋼索鉄道など、渡良瀬川沿線の様々な時代の姿を垣間見られる貴重な機会です。皆様是非お出かけください。詳しくは、パンフレットをご覧ください。

 資料館は、月・火曜日休館です。開館時間は、10:00~16:00です。桐生駅よりおりひめバスで有鄰館前下車、道路の向かい側、有鄰館の隣です。お天気が良ければ、桐生駅の「ゆい」で自転車を借りてゆくのもお勧めです。

 

ダウンロード - e6adb4e58fb2e8b387e69699e9a4a82021.6e5b195e7a4ba.pdf

 

2021年6月20日 (日)

ウオーキング会に参加しました

 当会の加入するきりゅう市民活動推進ネットワークのネットワークづくり委員会が主催する月例ウオーキング会に参加しました。今回のコースは、桐生市にある自然観察の森から桐生駅までです。バスの時間の関係で、今回はおりひめバスで初めに自然観察の森へ向かい、復路を歩くことになりました。

 午前8時に桐生駅に集合して、桐生駅北口発8:15のおりひめバス吹上行きに乗車しました。8名の参加者で、バスは貸し切り状態でした。途中乗降もなく、8:35頃自然観察の森に到着しました。私たちを降ろしたバスは、お客さんがいなくなってしまい、吹上に向かってゆきました。ネイチャーセンター前で記念撮影後、8:40に出発して桐生駅へ向かって歩き始めました。

Photo_20210620212701

 自然観察の森の木々の緑は、昨日までの雨を受けてみずみずしく輝いていました。山の香りがする園内は、とても静かでした。園のすぐそばでは、ヘイケボタルの出る池があり、地元の方が水の調整に来ていました。ホタルやカエル、蛇のお話などを伺ってから、本格的に歩きだしました。

Photo_20210620212801

 川内町の谷間を下る道歩きは快適ではかどります。折角の道中ですので、寄り道しながら行くことにして、まず崇禅寺を尋ねました。

Photo_20210620212803

 桐生ではない様な佇まいの山門をくぐり、本堂前に着くと、焼きそば屋さんが出ていました。週末は、御朱印を求めるお客様が遠くから訪れて、大盛況とのこと、コロナも何のそのという感じです。一服してから、次へ進みました。

Photo_20210620212804

 さらに進むと、「小倉の石幢」という市の文化財に出会いました。16世紀の仏教史跡だそうです。お地蔵さまが周りに彫られた石塔で、日々の平安を祈念したものだそうです。崇禅寺と赤城神社が見どころかと思っていましたが、予想外の文化財との出会いでした。

Photo_20210620212805

 折角なので、小倉峠は旧道を越えることになりました。メンバーから、それなら是非に寄ってみてほしいとの希望が出て、小倉観音堂を尋ねました。

Photo_20210620212901

 峠への道中を左に入ると、森林伐採で開けたところに、見事な180段の石段が現れ、段の下には馬頭観音が祭られていました。昔の峠の通行を、此の観音様が見守っていてくれたのでしょう。思いがけない急な階段上りで息が切れましたが、全員がお堂迄登り、相生方面から鹿田山が遠望できる絶景を眺めました。

Photo_20210620213201

 小倉峠を越えて修道院の裏を過ぎ、水道山の下を回る旧道を進みました。

Photo_20210620213301

「小倉・仁田山道と大間々・伊勢崎道」の追分に立つ道標を見て、西幼稚園の過度を右折して桐生駅に到着しました。

Photo_20210620212903

約2時間13000歩の梅雨の晴れ間のウオーキングでした。来月は、またどこへ行くのか楽しみですね。

2021年6月17日 (木)

桐生市環境先進都市将来構想推進協議会に参加

 2021年6月15日18:30から、桐生市役所に於いて、桐生市環境先進都市将来構想推進協議会が開催され、当会会長も委員を委嘱されました。桐生市では、2015(平成27)年に30年後に環境先進都市として持続可能な姿に変身していることを目指して将来構想を策定し、それに基づき、桐生市の環境施策を進めてきました。当会では、構想策定の準備段階の会合から参画してきましたが、昨年、桐生市長と同協議会会長の宝田恭之先生による「ゆっくリズムのまち桐生」の宣言を機に、「ゆっくリズム」の実現のための活動にとりくむワーキンググループの設置が求められ、同協議会にこの役割が課せられました。宝田先生は、今春ご病気でご逝去になったので、その遺志を継いで天谷賢児新会長のもとで、ゆっくリズム活動を市民を揚げて創造してゆくことになりました。

 ゆっくリズムとは、ゆっくり動くということではありません。もっと大きく、もっと早く、もっと沢山が良いという従来の価値観から離れた新しい価値観の元で、持続可能で幸福なまちづくりを目指そうという趣旨が、「ゆっくリズム宣言」の際に宝田会長から発表されています。価値観の転換という大変難しい課題ではありますが、今話題になっているSDGsや2050年までのCO₂の発生ゼロ宣言などの実現には、欠かすことのできない活動ではないかと考えます。新型コロナウイルスの発生で、「蜜は良くない」とされる今日、新過疎法で10万人都市では、関東で唯一指定された桐生市では、「疎」を生かしたスペース、時間などにゆとりがたくさんあるとも言え、「ゆっくリズム」の実現には、まさにうってつけの環境ではないかと考えます。当会も、今後始まるワーキンググループの活動に積極的に参画してゆきたいと思います。皆さんのご参加をお待ちします。

「ゆっくりズムのまち桐生」の宣言文と趣旨は、以下をご覧ください。

ダウンロード - sengenbun1.pdf

ダウンロード - sengensyusi.pdf

 

2021年6月 9日 (水)

桐生が岡動物園清掃のおしらせ

2021年7月10日(土)9:00~10:30きりゅう市民活動推進ネットワークでは、桐生が岡動物園清掃を行います。昨年は、コロナで動物園が長期休園したので、動物たちを刺激しないように中止になりましたが、今年は実施が出来そうです。詳しくは、ポスターをご覧いただきご参加ください。

ダウンロード - r3.e6a190e7949fe3818ce5b2a1e58b95e789a9e59c92e6b885e68e83e6a188e58685.pdf

 

R3_page0

«今度の実験車両はコムスです