2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2023年12月 7日 (木)

今年も公共交通フォーラム開催

去る11月19日(日)共愛国際大学にて、今年も公共交通フォーラムが開催されました。当会も後援をして参加してみました。オウセイ号の展示依頼があったので、家からオウセイ号で出かけました。20km40分ほどで到着しました。

Photo_20231207160301 

開場となった共愛国際大学は、JR両毛線駒形駅が最寄りですが、利用できる公共交通は両毛線くらいです。当日のメニューは、名古屋大学の加藤博和先生の基調講演から始まり、新型路線バスとナローモビリティの試乗・展示、そしてワークショップでした。

1_20231207160301 Photo_20231207160302

昨年はひどい雨の中での開催でしたが、好天に恵まれた今年は、たくさんの方々のご参加を得ました。共愛国際大学5号館は、明るく広い会場で、講演、ワークショップとも余裕をもって開催できました。

加藤先生からは、「地域にも地球にもやさしい公共交通を守り育てるために」と題して、宇都宮ライトレールの乗車インプレッションから始まり、公共交通は本当に環境にやさしいのか?との問題提起をいただきました。二酸化炭素を出さずには存在できない都市で、私たちができることは何があるのか、SDGsの考えに基づいて移動のQOLを落とさずに新しい移動手段に移行することが重要であるとのことです。

Photo_20231207160304 Photo_20231207160303

ワークショップでは、「県内公共交通の課題と活性化を探る」グループに参加しました。5つのゼロ宣言をしている群馬県では、公共交通を儲かる・儲からないで判断しないことが大切だと話し合われました。日の短い季節でしたので、閉会後はすぐに暗くなってしまいましたが、ナローモビリティで無事桐生へ帰還しました。

2023年12月 2日 (土)

2023年12月度定例会開催

2023年12月2日(土)7:30頃より、定例会を行い、13名の参加がありました。
風もなく穏やかな天気の下、駅周辺の清掃やハーブ園のメンテナンスを行いました。

23img_3545t
ハーブ園にて、やってきたのはラッピング列車。

23img_3474
花が終わったので、来年に向け刈取り作業中。

23img_3661
ミーティング時、折り返しでやってきたラッピングトレインにみんなで手を振りました。

皆様のご協力により、駅周辺、ハーブ園ともにきれいな状態が維持されています。明日からはイルミネーションも点灯して、沿線は冬の装いになりますね。


次回の定例会は2024年1月6日(土)です。7:30頃から活動をしていますので、無理の無いようにご参加ください。
来年もよろしくお願いいたします。

 

2023年11月20日 (月)

ゆい通信124号が発行されました

きりゅう市民活動推進ネットワークが運営する、桐生市民活動推進センターゆいの情報誌「ゆい通信」124号が発行されました。

11月までに開催された行事や、12月に始まるイルミネーションの話題など、きりゅう地域の市民活動の話題がいっぱいです。

今号の会員紹介は、東日本鉄道OB会桐生支部です。今後の予定では、クリスマス行事も紹介!寒さが厳しくなりますが、色々な活動に元気に参加しましょう。

ダウンロード - e38286e38184e9809ae4bfa1124e58fb7.pdf

 

2023年11月13日 (月)

いよいよフォーラム開催です

2023年11月19日(土)13:30からいよいよ公共交通フォーラム「ぐんまの公共交通を守るために」が、共愛学園国際大学5号館5101教室で開催されます。

「地域にも地球にもやさしい公共交通を創り守り育てるために」と題する名古屋大学加藤博和先生の基調講演から始まり、車両見学(新型路線バスからナローモビリティまで)ワークショップまで、16:30の終了の予定での開催です。

只今、参加者を募集しています。ラストワンマイルの移動が課題となる将来、公共交通を維持できる世界の重要性を考える良い機会!皆様のご参加をお待ちしています。

申し込みは、

ダウンロード - pt_forum.jpg

公共交通フォーラム申し込みフォーム (google.com)

 

 

2023年11月 9日 (木)

前工大シンポジウムのお知らせ

前橋工科大学から、12月開催のシンポジウムのお知らせをいただきました。当会も後援しておりますので、皆様のご参加をお待ちしています。

会場へは、前橋駅より永井バスのご利用が便利です。詳しくは、パンフレットをご覧の上、参加登録をお願いいたします。

ダウンロード - e38090e382b7e383b3e3839de38091e585ace585b1e4baa4e9809ae381aee696b0e5a283e59cb012e69c8816e697a5e5898de6a98be5b7a5e5a4a7.png

 

2023年11月 7日 (火)

トロッコ列車の見送りに参加しました

わたらせ渓谷鐵道市民協議会が呼び掛けている秋の列車お見送りプロジェクトに参加しました。11月5日今年は暖かいというより暑い日が続いています。紅葉ももう一つというところですが、大間々駅での列車見送り会に参加しました。

9時に大間々駅に到着、早速滑り込んでくる9:16発の下り列車から横断幕と旗を振っての見送りをします。行楽の皆様はとても楽しそうに手を振り返してくださいます。

1_20231107141401

9:49わっし―1号、10:27普通列車とお見送りをして、最大のイベントは、10:54トロッコ渡瀬渓谷号です。その間、駅にお越しのお客様への沿線案内などして、いよいよ0番線ホームへ!見送り用の旗を多くの方に持っていただき、発車の合図を待ちます。

2_20231107141401 3_20231107141401

出発信号が降り、笛の合図で扉が閉まると汽笛一声、トロッコ列車はDE10ディーゼル機関車を先頭にたくさんのお客様を乗せて渡良瀬渓谷への一歩を踏み出します。見送り要員は、横断幕と手旗を振って旅路の安らかなることを祈り、お見送りをしました。

2023年11月 6日 (月)

上毛電鉄11月の沿線ハイキングに参加しました

2023年11月4日(土)毎月第一土曜日に上毛電鉄が開催している沿線ハイキングをお手伝いしました。上毛電鉄友の会事業として、今年度より上毛電鉄の沿線ハイキングを直接お手伝いすることになったので当会会長が担当しました。

11月のコースは、「水道山から自然観察の森」です。西桐生駅から水道山に登り、堤町、川内町へと進み、自然観察の森で昼食。崇禅寺から相川橋を通て桐生球場前駅に至る公称14kmのコースでした。友の会では、沿線の簡単な解説と、明治・昭和のはじめと45年頃の地図をいれたガイドを作って配布するとともに、水道山記念館と聖フランシスコ修道院の見学を設営させていただきました。昨年も参加しましたが、これらの施設は前を通りましたが見学は行いませんでした。今年は、短い時間ですが立寄って中を見学させていただき、トイレもお借りできるようにとの設営で、休憩場所としてもお願いいたしました。

さて、11月とは思えない暖かさに恵まれ、お天気も上々の西桐生駅には、午前8時37分着の電車にて、参加者の方々が集まりました。総勢26名、スタッフもいれて30名の参加です。

上毛電鉄橋本社長のご挨拶に続き、友の会を代表して、当会佐羽会長からもご挨拶とコース案内をさせていただき、8時50分に西桐生駅をスタートしました。旧桐生市立西中学校前を通り、村松沢沿いに宮本町を進んで雷電山に上る道を大川美術館前を通って進みました。途中で、桐生の学校の始まりの地「旧西中学校」と桐生市外が眺められる場所で、渡邉崋山と桐生新町のつながりをご説明しました。

Photo_20231106132301 Photo_20231106132302 Photo_20231106132401 Photo_20231106132402

9:15に水道山記念館に到着して、トイレ休憩と見学をさせていただき、パンフレットをいただきました。此処は、昭和7年に完成した桐生市水道事務所です。館内には、独身時代の上皇様、清の宮様、常陸宮さまの写真が飾られていました。昭和33年に軽井沢から那須御用邸への道中でお立ち寄りになった際に撮影されたものだそうです。

Photo_20231106132403 Photo_20231106132404

9:30に出発して、水道管が埋まる急坂を堤町に向かっておりました。次の見学は、須藤邸です。ここは、金善輸出織物の社長の家だった洋館で、高い煙突が立つ工場とは地下道で結ばれていたとか。毎月第一土曜日は公開日ですので、10時から見学ができます。今日は、外からの拝見です。

Photo_20231106132405

旧小倉道をとおり、修道院へ向かいました。小倉峠への旧道を進むと、鬱蒼とした林の中に聖フランシスコ修道院が見えてきます。1955年に建設された修道院ですが、現在はその役目を終えて、カトリックさいたま教区桐生研修センターフランシスコの家として使われています。管理に当たられている荻野様にご案内をいただき、礼拝堂や食堂、宿泊室などを拝見した後、全国にも2か所しかない「十字架の道行き」を拝見しました。これは、イエズスキリストが、罪を着せられて十字架を背負わされ、磔により死刑に処せられた後、復活を遂げるまでの様子が、15か所のモニュメントによってあらわされたもので、規模の大きさでは日本一だそうです。作者は、高崎観音山の洞窟観音の作者である高橋楽山氏です。そのような訳で、登場人物の顔が何となく日本のお寺にある仏像のような感じです。マリア様は、観音様のようなお顔でした。

2_20231106132401 Photo_20231106132501 Photo_20231106132406

15か所のモニュメントを一巡して、11:00に修道院を後に、自然観察の森に向かいました。昨年は11月中旬でしたので、もう少し紅葉していたように思いますが、まだ温かい川内路を、山越えをして到着しました。12時15分くらいでした。昼食をとり、12時50分に崇禅寺へ向けて下り始めました。崇禅寺では、いなりずしの販売がありました。いろいろな種類が入っていておいしいそうですよ!800円だそうです。

Photo_20231106132502 Photo_20231106132503 Photo_20231106132504

見学をしたので遅くなるかと思いましたが、予定時刻の2時にほぼ遅れずに桐生球場前駅に到着しました。すぐに上下の電車が来たので皆様スムーズにお帰りいただけました。

上毛電鉄では、毎月第一土曜日に沿線ハイキングを開催しています。12月は、「総社神社・上野国国分寺」です。これまた見どころ一杯のコースです。ご参加の場合は、上毛電鉄総務部027-231-3597へお電話ください。

2023年11月 4日 (土)

2023年11月度定例会開催

2023年11月4日(土)、定例会(下新田駅清掃とハーブ園メンテナンス)が開催され、9名の参加がありました。

23img_2823t

23img_2771t

23img_2786t

23img_2828t

2023年11月 3日 (金)

10月の行事

10月は、イベントの多い月でした・1日の中小私鉄フェアに始まり、29日には、あつまれ!SDGs!が開催されました。その間に、15日桐生市末広町歩行者天国、22日上毛電鉄秋のファン感謝デー、28日は上信電鉄秋のファン感謝デーなど、毎週出展が続きました。実行委員会の皆様、お疲れ様でした。28・29日の行事は、会長が出られなかったので写真がありませんが、22日に上毛電鉄大胡駅で開催されたイベントには、1000人を超えるお客様が訪れましたので、その様子をお知らせします。

当会では、ミニトレインの運行と、トークショーに協力しました。

Photo_20231103150006 Photo_20231103150003 Photo_20231103150004 Photo_20231103150101 Photo_20231103150005 Photo_20231103150002 Photo_20231103150001

 

 

2023年10月25日 (水)

わたらせ渓谷鐵道市民協通信38号が発行されました

10月25日付で、当会も加入するわたらせ渓谷鐵道市民協議会の会報「市民協通信」38号が発行されました。今年度の総会や記念講演会の様子、大間々駅を会場に10月1日に開催された中小私鉄フェアの状況など、わたらせ渓谷鐵道沿線の話題がいっぱいです。どうぞご覧ください。

また、わたらせ渓谷鐵道市民協議会では、秋に沿線を訪れるお客様へのご案内や、トロッコ列車のお見送りもしています。どなたでも参加できますので、この機会に是非この地域をお尋ねいただき、見送る側にも参加してみては如何でしょう。詳しくは、通信38号をご覧ください。

ダウンロード - e5b882e6b091e58d94e9809ae4bfa1efbc93efbc98e58fb7.pdf

Photo_20231025102501

 

«末広町歩行者天国~すえひろDEハロウィン~に参加しました