2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2020年5月25日 (月)

市民協議会通信31号が出ました

5月18日付けで、わたらせ渓谷鐵道市民協議会通信が発行されました。当会も参加して、群馬県内の交通まちづくり活動5団体で公共交通崩壊を防ぐための緊急アピールを行った件を特集したものです。今日で、残っていた1都1道3県の緊急事態宣言が解除されるようですが、この先の状況は予断を許しません。

2週間後に結果が出ると言われていますが、どのように推移してゆくでしょうか。宣言が解除になり、6月からは高校も始まるようです。果たして公共交通へどれくらいの利用者が戻るのか、「新しい生活様式」なるものが、どの程度持続可能なのか?これからも試練ですね。

わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車は6月も運休が続くようです。安心してお出かけできるのはいつの日か・・・。マスクが暑く感じる季節になって来ました。

ダウンロード - 31e58fb7.pdf

お客さんがいないまま走る上毛電鉄中央前橋行きとこのような状況でもいつもと変わらない渡良瀬川です。

Img_3561Img_3567

 

2020年5月18日 (月)

群馬県は、解除されましたが・・・・

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令されていた緊急事態宣言。群馬県は、一応解除されましたが、生活には今後とも注意が必要です。群馬県から、県内で活動する団体に対して、「社会経済活動の再開に向けたガイドライン」に基づく要請が出されました。5月16日以降の生活や経済活動においてとるべき行動について述べられています。今回、レベル3になったとのことですが、まだまだ油断できません。群馬県知事もたいへん慎重ですし、小池東京都知事も「今が大切!」と繰り返しています。ガイドラインについては、群馬県のホームページをご確認ください。

皆さんも、県境を越える移動を避け、必要最小限の生活圏ですごす生活の維持に努めましょう。

ダウンロード - e3808ce7a4bee4bc9ae7b58ce6b888e6b4bbe58b95e5868de9968be381abe59091e38191e3819fe382ace382a425ufffde38389e383a9e382a4e383b3e3808de381abe59fbae381a5e3818fe8a681e8ab8be381abe381a4e38184e381a6.pdf

 

2020年5月 9日 (土)

いよいよ計画運休が現実に!

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛により、大幅な利用者減少がおこり、県内中小私鉄がいよいよ計画運休に踏み切ることになりました。走っている列車を見ても、利用者はごくわずか。仕方がないこととはいえ、沈静化後に利用が戻るか気になるところです。しかしながら、収入がない中、これまで通りの運行を続けることはそもそも無理なことです。今は、一刻も早い鎮静化と、社会の重要インフラである公共交通が崩壊しない仕組みを考えることが大切です。

上毛電鉄、上信電鉄の運休のお知らせは次の通りです。上毛電鉄が30分ヘッドをやめるのは、昭和3年の開業以来初めてではないでしょうか。

ダウンロード - e4b88ae4bfa1e99bbbe98984e8a888e794bbe9818be4bc91e381aee3818ae79fa5e38289e3819b.pdf

ダウンロード - e4b88ae6af9be99bbbe98984e8a888e794bbe9818be4bc91e381aee3818ae38197e38289e3819b.pdf

 

2020年5月 4日 (月)

緊急提言を行います

 当会では、群馬県内の4団体と共同して、群馬県知事、公共交通に関係する自治体宛に緊急アピールを行うことになりました。先日、NPO法人公共の交通ラクダによる緊急アピールに賛同したところですが、県内5団体で話し合いを行い、県内公共交通機関の危機に際して群馬県内の交通まちづくりの会として自治体へのアピールを行うことにいたしました。内容は、先日の全国アピールをもとにしてあります。

今月からは、いよいよ列車の削減も始まり、日常生活にも大きな影響が出てくると思います。様々な行事が中止になり、新しい生活様式が求められている現在、交通崩壊により、ウイルス鎮静化後の生活に悪影響が出ないように当会としても活動してゆきたいと思います。協同する5団体は、以下の通りです。

交通からまちづくりを考える会 前橋 (湯沢昭会長)

のりのり学会 (奈賀由香子代表)

上電友の会 (大島登志彦代表)

わたらせ渓谷鐵道市民協議会 (佐羽宏之会長)

2015年からの生活交通をつくる会

ダウンロード - 02e7bea4e9a6ace7b78ae680a5e68f90e8a880e383bbe69cace69687_20200502.pdf

 

2020年5月 2日 (土)

下新田駅異常なし!

 今日は、5月の例会の予定日でした。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請に基づき、当会も例会と清掃を中止しました。気になっている方もいらっしゃると思いますので、午前8時頃、様子を見に行ってきた様子をお知らせします。カメラを持って行かなかったので、映像はございません。駅は大変綺麗に保たれておりました。

 ちょうど、ハーブガーデンの水やりに来てくれた会員さんと、ガーデンのお花に水をやって帰って来ました。やってきた8時58分発の列車には、買い物帰りのようなお客さんが2人乗っていました。例年であれば渡良瀬渓谷を訪れる沢山のお客さんで賑わう時期ですが、寂しいゴールデンウイークです。ホームには、ぐんまDCを告げるぐんまちゃんのポスターがはってありました。(会長)

2020年4月28日 (火)

大間々駅のイルミネーションを片付けました

 2020年4月27日朝9時から、取り付けたままになっていた大間々駅のイルミネーションを片付けました。

2月29日に今年の最終点灯を終えたイルミネーションですが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、取り外しのタイミングを失って、散らかしたままになっていました。いつまでも、ホームにサンタクロースやとなかいがいるのもおかしなものですので、わたらせ渓谷鐵道様の手もお借りして片づけをいたしました。

作業中に、何本かの列車が大間々駅に到着しましたが、お客様は地元の方が一人二人という超閑散状況です。外出自粛が呼び掛けられている状況下で、皆様しっかり自粛を励行されているものと思われます。8月の桐生八木節まつりの中止も決まり、どこまで続くぬかるみぞという感じですが、今はしっかりと外出を控えて、一日も早いコロナ終息宣言を待ちたいものです。

 沿線では、水沼駅温泉センターも営業を中止し、お弁当やお料理のテイクアウトを始めたようです。麻婆豆腐やエビチリなどおいしそうな中華メニューが並んでいます。

ダウンロード - 5419735b15d.jpg

 

2020年4月23日 (木)

交通崩壊を防ぐ緊急アピールに賛同します!

 新型コロナウイルスの感染拡大が進み、緊急事態宣言が発令されたものの、地方への拡散にストップがかからない状況があります。そのような状況下、インフラを止めるなという国からの要請により日々平常ダイヤで運行する電車やバスが、私たちの生活を支えています。各交通事業者の皆さんは、感染のリスクが高まる中、様々な工夫をしながら安全運行に努めています。しかし、その経営は外出の自粛要請により利用者が激減しており、日常の仕事で得られる現金収入のほとんどを失い、日一日と破綻に向かって進んでいるのが実情です。

 この度、NPO法人公共の交通ラクダからの呼びかけにより、当会では「新型コロナウイルスによる交通崩壊を防ぐための緊急アピール」に賛同することに致しました。この緊急事態下においても公共交通は生活の重要インフラです。運行停止に陥ってからでは遅い、社会の動脈の維持に声を上げましょう。アピールの内容は、以下の通りです。

ダウンロード - 20200417covid19apeel1.pdf

ダウンロード - 20200417e382b3e383ade3838ae7a68de7b78ae680a5e382a2e38394e383bce383abe58f82e88083e8b387e69699.pdf

 

                   2020年4月23日

                   2015年からの生活交通をつくる会

                               会長 佐羽宏之

2020年4月17日 (金)

5月の例会は中止します

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が全国に広がりました。この事態を受けて、当会の5月例会については実施を取りやめることに致します。

 2006年6月3日の第一回以来、毎月1回も休むことなく続いてきた下新田駅清掃とそれに伴って始まった月例会です。その後始まった緑化事業の活動と合わせて、皆様の活動成果として下新田駅は大変綺麗な状態で維持されています。目下のところ、この厳しい環境ですが、わたらせ渓谷鐵道も滞りなく運転されています。今後、さらに厳しい状況になるかもしれませんが、今は外出の自粛、人との接触をできる限り控える活動を当会の活動として取り組んでいただければと思います。コロナ禍が鎮まったのちに、会員の皆さんが元気に再会できることを祈っております。

2006年第一回清掃の際の写真をご紹介します。

2015年からの生活交通をつくる会

会長 佐羽宏之

 Dsc00050 Dsc00048 Dsc00041

 

2020年4月 6日 (月)

桜の季節ですが

 例年は、神戸駅はなもも祭の会場でミニトレインを走らせたり、タブレットクッキー名板の取付を行っている当会ですが、今年はイベントが中止になりました。新型コロナウイルスがますます蔓延しつつあるこの頃ですが、季節はすすみ、花は咲き、お祭りは中止でしたが運転予定されていたさわたらせ渓谷鐵道の花桃号も走りました。桐生駅・大間々駅間を行く花桃号にお目にかかるのは久しぶりでした。

 Img_3558

上毛電鉄桐生球場前附近の桜は、すでに満開も過ぎましたが、今年も多くのカメラマン氏が桜の下を走る電車にレンズを向けていました。散歩の帰りに、藍原製菓の桜餅を買って帰りました。お団子をおまけしてくれました。

Img_3554

2020年4月 5日 (日)

2020年4月度定例会開催

2020年4月4日(土)定例会(下新田駅清掃とハーブ園メンテナンス)が開催され、14名の参加がありました。

暖かい朝、皆で清掃と草むしり、さらに花の苗の植え付けまで行いました。

コロナウイルスの影響でイベントも中止続きですが、駅清掃はお互いの間隔を確保しながら実施しました。

 

 2020img_4708

 2020img_4695

 2020img_4787

 2020img_4735

 2020img_4761

次回は5月2日(土)です。

活動の基本である「できる人ができることをやる」ということで、無理をせず続けていきたいと思います。皆様、どうぞご自愛のうえお過ごしください。

«群馬銀行環境財団表彰をいただきました!