2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2019年8月 5日 (月)

川内の里を訪ねて

8月3日に、桐生観光協会織都桐生案内人の会の研修が行われ、桐生の織物発祥の地とされる川内地区を探訪しました。

桐生行政県税事務所を後に、乗用車分乗で川内地区へ向かいました。川内地区は、京都から機織り技術を伝えたとされる白滝姫伝説の地であり、白滝神社があります。この地には、弥生時代から人が住み、千網谷戸遺跡をはじめ、数々の遺跡も発見され奈良・平安時代以前から人が住んでいた地域であり、桐生の繊維の歴史が始まった地域と言っても過言ではありません。かつては、大きな機屋さんが沢山あり、立派なのこぎり屋根の工場も沢山ありましたが、現在は、その多くが廃業し、建物だけを残しています。

今回は、そのいくつかを訪ねました。まずは、園六織物、二連ののこ屋根を持つ工場があります。この後訪れた京都の風情が感じられる崇禅寺開山の智明上人の墓地が、この工場の横を登ったところにあります。法然上人の弟子として仏教を学び、京都から法然上人に阿弥陀如来をいただいて、牛には乗せて運んできたそうで、崇禅寺の本尊になっています。途中で休んだところが、如来堂(桐生市相生町一丁目)とのこと、崇禅寺は、沢山の庵がある、京都に行かずとも風情が感じられる寺です。御朱印を求めて、多くの観光客の姿がありました。

Photo_20190805145302  

戦国の砦跡「仁田山城」の居館跡に寄り、赤城神社に向かいました。赤城神社は、正一位ながら無格社、創立は不明ながら、赤城山麓に沢山ある赤城神社の一つであり、岸大内蔵による、見事な彫刻が施されています。

Photo_20190805145401

次に、白滝神社に向かいました。白滝神社は、8月第一週が祭礼であり、太太神楽が奉納されておりました。

Photo_20190805145303

屋敷の周りに水路が築かれ、かつては小水力発電がおこなわれていたという桑佐織物、三連ののこ屋根を残す今原織物を覗いて、桐生行政県税事務所に戻りました。

1

機屋さんは、創業していれば、はとバスコースものでしょう。残念ながらすでに廃業しており、時代の流れを感じる研修会でした。

きりゅう八木節まつり点描とSDGs

8月2・3・4日(金・土・日)の3日間にわたり猛暑の中、恒例のきりゅう八木節まつりが開催されました。このお祭りは、桐生祇園祭、八木節まつり、七夕まつりの三大祭りを合体させたものです。近年は猛暑のため、お祭り行事も中止になるものが多いのですが、今年は、子供神輿が中止になった以外は催行されました。

今年の目玉は、4丁目鉾の素戔嗚の命の生き人形が、レプリカではなくて本物が登場するというものでした。高い鉾の上に載っているので、なかなかまじかでは見られないのですが、それが本物になるということで、雨が降ったらシート掛けになるはずでした。幸い、好天に恵まれ、本物が鉾のトップを飾りました。4日の午後に、鉾座内で、鉾から降りた形で、間近に見ることができました。レプリカも良く出来ていましたが、やはり本物の迫力!生き人形師 松本喜三郎(1825~1891)の匠の技にになる素戔嗚の命の迫力に圧倒されました。

Photo_20190805103901  

桐生市では、最近祇園祭復活に力を入れています。かつて3丁目にあった衆生院という寺院に祭られた牛頭天王を祭神として桐生新町の時代から行われていた祇園祭が、明治の廃仏毀釈により素戔嗚の命を祭神とする八坂神社の祭りに変わり、衆生院なきあと八坂神社が美和神社に合祀されて現在に続いています。

このお祭りでは、恒例のジャンボパレードのラストで清掃活動を行うクリーンキリュウズが、「地域ESD拠点」に認定されたきりゅう市民活動推進ネットワークの看板を掲げて、活動していました。皆さん、暑い中での清掃活動、本当にお疲れまでした。

Photo_20190805103902

2019年8月 3日 (土)

2019年8月度定例会開催

8月3日(土)下新田駅清掃とハーブ園のメンテナンスを実施し、15名の参加がありました。

19img_3749t 19img_3787

作業中も安全に配慮をしています。列車通過時はみんなで列車に安全を知らせます。

19img_3738t 19img_3816

刈り払い機で伸び放題の雑草を刈り込んで、きれいになりました。

19img_3766 19img_3817

ハーブ園では、いろいろな花も咲いています。列車の窓からも見ることができますよ。

 

9月の駅掃除は9月7日です。

2019年8月 2日 (金)

きりゅう市民活動推進ネットワークが地域ESD活動拠点として登録決定

令和元年6月末に、当会も加入しているきりゅう市民活動推進ネットワークが、地域ESD活動拠点として登録されました。SDGsの17の目標の中から、①貧困をなくそう②飢餓をゼロに③すべての人に健康と福祉を④質の高い教育をみんなに⑤ジェンダー平等を実現しよう⑪住み続けられるまちづくりを⑫つくる責任つかう責任⑮陸の豊かさを守ろう⑰パートナーシップで目標を達成しようを選択しました。

今後は、活動拠点であるJR桐生駅構内にある桐生市民活動推進センターゆいを拠点に、SDGsに関する様々な取り組みを行ってゆくことになります。

キックオフイベントとして、来る8月23日に寺子屋ゆい「SDGsを知ろう」が行われます。皆さんもできることから参加しませんか?当日は、SDGsに関する資料も手に入ります。

ダウンロード - efbcb3efbca4efbca7efbd93e8ac9be6bc94e4bc9a.pdf

 

2019年7月23日 (火)

けんこう祭にMAYU出場

6月23日(日)桐生市保健福祉センターで、けんこう祭が開催されました。健康の増進には未病のためのゼロ次、1次予防があるようです。1次予防として、日頃からたくさん歩く、良く出歩く生活スタイルが推奨されています。そこで、今回のお祭りに、MAYUを展示して、日常から桐生市内を走っているMAYUにぜひ乗ってくださいと、時刻表を配ってPRしました。展示車両は走りませんでしたが、日曜日なので駅前からはMAYUが頻繁に発車していました。キノピーやぐんまちゃんも登場して、MAYUGREENを背景に記念撮影する親子連れが沢山いました。是非、皆さんもMAYUに乗ってみてくださいね。

Photo_20190723140401   

2019年7月22日 (月)

あじさい祭に行ってきました

7月13・14日(土・日)の両日、わたらせ渓谷鐵道沢入駅を会場に、地元のもみじの会による恒例のあじさい祭が開催されました。昨年は、梅雨も明けていましたが、今年は梅雨真っ盛りでした。土曜日は、曇りでミニトレインの運行もできましたが、日曜日は、あいにくの雨、あじさいには最高のコンディションでしたが、ミニトレインは走れませんでした。当会からは、下新田ハーブ園から、ハーブティーのサービスも出場しました。

撤収後、わたらせ渓谷鐵道を間藤駅まで乗車してきました。線路のメンテナンスも進み、曲線部分については、水沼より足尾よりは、PC枕木の取付がほぼ完了して、乗り心地も大変良くなっていました。水沼より桐生よりでも、線路際に取り付け予定のPC枕木が置かれており、間もなく交換されるのだと思います。鉄道の安全運行は、まずしっかりした線路から!少しずつですが、わたらせ渓谷鐵道のリニューアルが進んで行くことを期待します。

 

Photo_20190722110301

伊勢崎の鉄道展、無事終了

当会でも運行しているミニトレインが展示された、伊勢崎駅前インフォメーションセンターで開催された「群馬の鉄道大集合」展示会が、7月7日に無事終了いたしました。会場の様子が、伊勢崎市の市議会報の表紙を飾りました。文字にかかっていますが、ミニトレイン3台が写っています。

上毛電鉄、上信電鉄、わたらせ渓谷鐵道をはじめ、東武鉄道やJROB会からの出展もあって、大変充実した資料展になりました。多くの方にご覧いただいたと思います。お越しいただいた皆様に、感謝申し上げます。

ダウンロード - 201907161612.pdf

 

2019年6月13日 (木)

群馬の鉄道大集合企画展開催中!

 6月11日(火)より、伊勢崎駅南口にある、伊勢崎駅前インフォメーションセンターにて、群馬の鉄道大集合企画展が開催されています。当会やわたらせ渓谷鐵道市民協議会も協力しております。県内の鉄道会社や、その協力組織からお宝が大集合、見ごたえのある展示になっております。

現在、伊勢崎市には、JRと東武鉄道伊勢崎線が走っていますが、もしかしたら上毛電鉄が群馬・埼玉県にまたがる大ネットワークを敷いていたかも!そのほか、東日本旅客鉄道OB会伊勢崎市部の皆さんから、国鉄当時の貴重な資料や写真も提供されています。

22日午後からは、東京からのツアーも迎えて、駅構内の伊勢崎市管理区域内のも鉄道グッズ等のお店も出展予定です。知られざる群馬の鉄道史に触れられるかもしれません。どうぞお越しください。

インフォメーションセンターは、伊勢崎駅前ベイシアの一番駅寄りにあります。入り口では、伊勢崎市のゆるキャラ、もじゃろうがお出迎えしています。

Isesakista Mojarou Kaijou

Center

ダウンロード - e7bea4e9a6ace381aee98984e98193e5a4a7e99b86e59088e4bc81e794bbe5b195e38391e383b3e38395.pdf

 

 

 

 

2019年6月 1日 (土)

令和元年6月度、定例会開催

令和元年6月1日(土)、定例会(下新田駅清掃とハーブ園のメンテ)が開催され、14名の参加がありました。

19img_1328

ハーブ園には、いろいろな花が咲いています。

19img_1310

19img_1317

19img_1315

色とりどり!

19img_1282t

ハーブ園の横を列車が通過します。

 

次回は7月6日です。皆様のご参加をお待ちしています。

 

2019年5月22日 (水)

一般社団法人交通環境整備ネットワーク総会のご案内

2019年6月8日(土)13時より、東京都墨田区東向島の東武博物館ホールにおいて、当会も会員になっている交通環境整備ネットワークの総会が開催されます。併せて行われるフォーラムのテーマは、「鉄道と映画」です。基調講演には、「RAILWAYS-49歳で電車の運転士になった男の物語」の監督で脚本家の錦織良成氏ほかで、トークセッションも行われます。フォーラム参加は無料ですが、博物館の入館料200円がかかります。この総会とフォーラムには、例年当会会長が参加しておりますが、今年はスケジュールが重なっており残念ながら参加できません。ご興味のある会員の方、東京にお住まいの方どなたでものご参加をお待ちしております。

詳しくは、パンフレットをご覧ください。

ダウンロード - e38395e382a9e383bce383a9e383a0e38391e383b3e38395e383ace38383e383882019.pdf

 

«きりゅう市民活動推進ネットワーク総会にて公開講演会