2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

おしらせ:3月5日(土)例会は、地元開催です

3月の例会日である5日(土)は、まん延防止等重点措置期間内の為、下新田駅清掃委員長と相談の上、地元開催といたしました。地元会員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

なお、以下の予定で大間々駅のイルミネーション撤去を行いますので、ご協力ください。

日時:2022年3月12日(土)9:00~2時間程度

場所:わたらせ渓谷鐵道大間々駅

※駐車場は、わたらせ渓谷鐵道本社駐車場をお使いください。

ゆったりした時間

2022年2月26日(土)ようやく暖かさがやって来たので、わたらせ渓谷鐵道に乗ってきました。文庫本を一冊持って、一日フリー切符を買って、11時27分に桐生駅から出発です。渡良瀬川の鉄橋からは、春霞の向こうに雪化粧した赤城山も望めました。

Photo_20220228125001Photo_20220228125202

12時19分に神戸駅に到着。金子ふるさと駅長さんがお店を出していたのですが、他に誰もお客様が無く、おしゃべりをしながら草木ドライブインのヨモギ饅頭や白菜漬けなどを買いました。コロナでお客様がぱったりと来なくなり、沿線は大変だとこぼす駅長としばらくお話しして、レストラン清流へ。

1_20220228125001 Photo_20220228125201

清流に入ると、早速「舞茸ご飯定食」がお勧めですと声がかかりました。食券を買ってカウンターにお願いして、ロマンスカーのシートに落ち着きました。先客がお二人ありました。舞茸ご飯定食で満腹して、14時3分の列車まで、ロマンスカーのリクライニングシートでコーヒーを飲みながら、ゆっくりと本を読みました。

 

Photo_20220228125204 Photo_20220228125102

窓の外は風も無く、うららかな日が当たって、河原の方は散歩をする人の姿もちらほらと見える良い日よりです。ちょっと贅沢なゆったりとした時間を過ごすことができました。

Photo_20220228125101 Photo_20220228125205

列車で一度桐生の戻り、16時46分発のイルミネーション1号で、今年のイルミネーションの見納めに出かけました。この時期は、すでに片道のほとんどは明るい中を走ります。沢入駅を過ぎると、山陰にはかなりの雪が残り、シカたちも現れて楽しい車窓でした。

Photo_20220228125203 Photo_20220228125206 Photo_20220228125207

一日フリー切符を持っていたので、マスクをいただいて、19時47分に無事桐生駅に帰着しました。

2022年2月22日 (火)

打鐘式警報機、いよいよ廃止

上毛電気鉄道富士山下駅の西桐生駅方にある踏切に設置されている、打鐘式の警報機が、踏切廃止に伴い今月末に廃止撤去されるそうです。すでに、一台は壊れてしまったのか、音がしません。電車が来ると「チンチンチン・・・」とかわいい音がします。しばらく前には、今はならなくなってしまったもう一台がまばらに鳴って、面白い不規則なリズムで鳴っていました。上電も第四種踏切の廃止を進め、警報機も新しいものに取り換えが進んでいるようです。

今週後半からは、ようやく暖かくなりそうですので、春を探しに、富士山登山など試みつつ、最後の鐘の音を聞いてみるのも良いかもしれませんね。

写真は、8年ほど前に撮影したものです。廃止になる踏切と警報機、富士山の頂上から、富士山下駅へ向かう電車を撮影したものです。

Tozanguti Keihouki Joden

 

2022年2月21日 (月)

企画展「悲しみと明日へのボート」のご案内

3月に、桐生市本町三丁目パンセギャラリーで、企画展「悲しみと明日へのボート」が開催されます。今回も、「命のメッセージ展」を開催してきた長岡昇汰さんを代表とする実行委員会による企画です。

事件や事故で生きたくても生きられなかった人たちの家族や、病気や障害を抱えながらも懸命に生きる方々の制作したアート展です。

場所は、桐生市本町三丁目3-1、会期は、3月27日(日)から4月3日(日)の8日間です。

現在、高校の先生としてご活躍の長岡さんは、高校生の頃、通学で利用していた公共交通で発生した暴力により高校生命が落とした事件に遭遇して桐生地域で「命のメッセージ展」を開催しました。この展示会では、事件や事故で命を落とした多くの人たちへ家族の思いが込められた展示が為され、交通事故の悲惨さや、暴力事件のむごさを世間にPRしました。観覧をされた方も多かったと思います。

長岡先生が新たに企画した今回の展示会、是非足をお運びください。当会も応援しています。詳しくは、パンフレットをご覧ください。

ダウンロード - e682b2e38197e381bfe381a8e38182e38197e3819fe381b8e381aee3839ce383bce38388e4bc81e794bbe5b195.pdf

 

2022年2月11日 (金)

群馬県からマンボウ延長のお知らせです

2月10日付で、群馬県のまん延防止等重点措置が、3月6日まで延長になることが通知されました。群馬県では、この数日、感染拡大の前週比が1を下回る状況ですが、引き続き沢山の方が感染しています。皆さん、くれぐれも基本的な感染防止措置を行って、感染しないように注意いたしましょう。春先の様々な行事も今年も引き続き中止となりそうで、残念ですが、もう一息頑張りましょう。

群馬県からの詳しいお知らせは、添付ファイルをご覧ください。

ダウンロード - e7bea4e9a6ace79c8ce381bee38293e5bbb6e998b2e6ada2e7ad89e9878de782b9e68eaae7bdaeefbc88e7acacefbfbdefbc94e5bcbeefbc89.pdf

 

2022年2月 7日 (月)

気になるニュース

2022年2月7日朝のニュースに、気になる内容がありました。人口減少や新型コロナウイルス感染拡大に伴う大幅な利用減少を受けて、国土交通省が、地方鉄道の抜本的な見直し議論に入るという内容です。報道の全文は以下のようなものです。

ダウンロード - e59cb0e59f9fe381aee7a7bbe58b95e381aee8b6b3.pdf

コロナによる観光需要の大幅な減少もあり、各地の交通事業者は、大ピンチに至っています。交通事業で利益を上げることは、現在の国民の価値観では難しくなっている可能性も高い中、特に生活交通を担う地方路線で、採算性のみによる軌道系交通機関の存続が議論されてしまう事態が危惧されます。サスティナブルな地域づくりの観点からも、地域の住民自身が、将来の生活交通の在り方について真剣に考え、価値転換をすることが求められる時代に至ったようですね。

 

2022年2月 5日 (土)

2022年2月度定例会開催

2022年2月5日(土)定例会として下新田駅清掃を行い、9名の参加がありました。
新型コロナウイルスの感染拡大による蔓延防止等特別措置が発令されている最中であり、地元メンバー中心での開催となりました。
駅周辺には、タバコの吸い殻が目立ちましたが、メンバーの協力できれいに片づけることができました。
22img_2736
今回は駅周辺の清掃のみで、散会となりました。
次回は3月5日(土)の予定です。
コロナの状況がどうなるか不透明ではありますが、皆様、ご自分の健康はご自分で守るという思いのもと、どうぞお元気でお過ごしください。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »