2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

地域紹介

2022年9月16日 (金)

ゆい通信117号が発行されました

 9月15日付で、ゆい通信117号が発行されました。この号では、10月30日に予定のSDGsイベント「あつまれ!SDGs!スーパーDX」が紹介されています。当会も、ミニトレインや次世代モビリティの展示、エコストーブやキエーロの紹介などで参加します。今年は、群馬県の子ども食堂イベントの「子ども食堂フェア」も同時開催ですので、たくさんの人でにぎわいそうです。

 その他これから行われるさまざまなイベントも紹介されていますので、本分を是非ご覧ください。

ダウンロード - e38286e38184e9809ae4bfa1117e58fb73e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - e38286e38184e9809ae4bfa1117e58fb72e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - e38286e38184e9809ae4bfa1117e58fb71e99da2_page0001.jpg

ダウンロード - e38286e38184e9809ae4bfa1117e58fb74e99da2_page0001.jpg

 

2022年8月17日 (水)

企画展 悲しみと明日へのボート vol.2のご案内

以下の企画展が開催されます。直前のご案内になりましたが、是非ご一覧ください。社会的費用が支払われていないと言われる自動車、交通事故により無念の死を迎えた方のご家族の思いなどを、アートにして展示する企画展です。

高校生の時に、ある私鉄の駅で発生した暴力事件にショックを受けた高校生が、高校在学中に実施にこぎつけた「命のメッセージ展」、以来現在高校教諭となった彼が企画しました。

詳しくは、パンフレットをご覧ください。

ダウンロード - e995b7e5b2a1e6a798e4bc81e794bbe5b195.pdf

 

2022年7月 3日 (日)

イアーリングコーラス駅中コンサート開催

2022年7月2日11時より、わたらせ渓谷鐵道市民協議会会員のイアーリングコーラスメンバーによる駅中コンサートが、桐生駅構内の駅ピアノを使って行われました。イアーリングコーラス(イアーリングとは、動物の一年子のこと)は、設立70年以上になる、桐生では最も古い混声合唱団です。

1_20220703161301

桐生駅構内ということもあり。コーラスが8月21日の定期演奏会で演奏を予定している曲の一部の他、わたらせ渓谷を謳った、団員中島勝三さんの曲である「賛歌わたらせ渓谷」「汽車ぽっぽ」など鉄道にちなんだ曲目の演奏もありました。

3_20220703161301

連日の猛暑で、駅構内もなかなかの暑さでしたが、団員の皆さんはマスクをかけての熱演でした。約50人の聴衆も汗をふきふき、桐生市民活動推進センターゆいが用意してくれた冷たい麦茶を飲みながら、バッハのカンタータなども楽しみました。

2_20220703161301

定期演奏会は、8月21日に、桐生市市民文化会館で開催されます。こちらもお楽しみに!詳しくは、パンフレットをご覧ください。

ダウンロード - e382a4e382a2e383bce383aae383b3e382b0e5ae9ae6bc942022.pdf

 

2022年6月27日 (月)

行事のお知らせ

今日は、気象庁から梅雨明けが発表されました。確定すれば、これまでで、一番早い梅雨明けだとか!25日には伊勢崎で40℃が記録され、例年になく猛暑の予感がいたします。電力も足りないとの声があり、水不足も心配される今年の夏ですが、熱中症に気を付けて、元気に過ごしましょう。

行事のお知らせです。

7月2日:11:00~11:40 「イアーリングコーラス駅なかコンサート」

桐生で70年を超える歴史を持つコーラスが、桐生駅にやって来ます。「賛歌わたらせ渓谷」が披露されるほか、皆様のよくご存じの懐かしい曲も多数演奏されます。是非お越しください。無料です。

イアーリングコーラスは、わたらせ渓谷鐵道市民協議会の会員です。8月21日に桐生市文で、定期演奏会を予定しています。こちらもよろしくお願いいたします。

7月9日:9:00~10:30 「未来へはばたけ山田製作所桐生が岡動物園 清掃」◇◇◇みんなでキレイにするレッサー!◇◇◇

例年開催の桐生が岡動物園清掃が、きりゅう市民活動推進ネットワークの呼びかけで今年も開催されます。参加の方は、7月4日までに桐生市民活動主意新センターゆいまで申し込んでください。軍手・鎌・タオル・飲み物持参でお願いいたします。詳しくは、ゆいへお尋ねください。

ゆい電話:0277-47-4066(10:00~18:00)

 

 

2022年6月13日 (月)

絹撚記念館「桐生はアートでできている」に行ってきました

 6月4日(土)から10月2日(日)の間、桐生市にある絹撚記念館で開催している企画展「桐生はアートでできている」を見に行ってきました。桐生市内のそこここで日頃見かける様々なもの、それから作家の皆さんによりつくられた作品など、気づかずにふと通り過ぎていたところに、アートが隠れていることを教えてくれる企画展です。

 桐生のまちは、本町1~2丁目が重伝建に指定されて、明治・大正・昭和の建築が残っていますが、それ以外のちょっとした建物にも、様々な意匠が凝らされ、まさにアートです。この機会に、絹撚記念館の企画展で情報をゲットして、桐生のまちをゆっくり散策してみませんか?

ダウンロード - e6a190e7949fe381afe382a2e383bce38388e381a7e381a7e3818de381a6e38184e3828b.pdf

 

2022年5月 1日 (日)

アースデーin桐生2022に出場しました

2022年4月29日(金)10:00から15:00まで、桐生市本町2丁目有鄰館で、アースデーin桐生2022が開催されました。当会も、「ゆっくりズムのまち桐生」を考えようというテーマで出展しました。

これまで、群馬大学桐生キャンパスで開催されて来たこのイベントですが、昨年はコロナで中止になり、実行委員長が根津紀久雄先生から天谷賢児先生に替わったのを機に、今年は有鄰館での開催になりました。

1_20220501131901

 

午後から雨が予想されていたので、当会も味噌醤油蔵の中に出展しました。今回は、ナローモビリティの展示と生ごみ消滅器「キエーロ」、エコストーブの紹介を行いました。また、当会のそばでは、(株)シンクトゥギャザーさんが、eCOM4(スローモビリティ)の展示を行い、天井に景色を映し出せる装置を実演して新たなまちの楽しみ方を提案していました。

2_20220501131901

ミシュランコーナーを訪れて、タイヤの違いによる走行抵抗の違いを模型で体験しました。折角なので、ミシュラン君と記念撮影をしてきました。本名は、ムッシュ・ビバンダムというのだそうですね!

3_20220501131901

久しぶりのイベントでしたので、午後から降り出した雨が結構な雨量となりましたが、主催者発表で900人の方々が、会場を訪れました。今回は、街の真ん中の会場ということで駐車場が心配されましたが、アースデーに訪れる方々は見識も高く、桐生のまちも楽しみながらの来場となったようです。

2022年4月23日 (土)

アースデーin桐生2022開催です

来る4月29日(金)桐生市本町2丁目有鄰館にて、アースデーin桐生2022が開催されます。当会も、「ゆっくりズムのまち桐生」をテーマで出展をいたします。パンフレットを入手しましたので、ご案内をいたします。

日時:2022年4月29日(金)10:00~15:00

場所:有鄰館(桐生市本町二丁目)

会場には、アースデーの精神に基づき駐車場の用意がありません。桐生のまち歩きも楽しみつつお越しください。また、会場への公共交通としては、おりひめバスが、新桐生駅、桐生駅から運行しております。本町二丁目有鄰館前が最寄りのバス停です。

ダウンロード - e382a2e383bce382b9e38387e383bce38381e383a9e382b7.pdf

 

2022年4月17日 (日)

「梅田を歩く」に参加しました

きりゅう市民活動推進ネットワークのネットワークづくり委員会主催の歩く部会が企画した「梅田を歩く:春の梅田路ハイク」に参加してきました。このハイキングは,JR桐生駅から梅田町のふるさとセンターまで、約15kmを歩く、恒例の行事です。昨年に引き続き参加してみました。午前8時桐生駅構内の桐生市民活動推進センターゆい前に集合、ストレッチをして、8時5分に出発しました。

1_20220417175501

今年は、7名の参加です。上毛電鉄西桐生駅前を通り、山の手通りを進みます。美和神社周辺は現在桐生市の景観整備が進んでおり、市民の憩いの場所として整備された岡公園へのルートが、できた当時の姿に復元されつつあります。当時の豪商たちが寄贈した腰掛け石も発掘されて、再び市民の足を休めさせてくれそうです。お寺が並ぶ地域を抜けて、いよいよ梅田町に入ります。旧桐生女子高前で小休止。その先で遅れて合流の一名を加えて総員がそろいました。左手に新緑が美しい柄杓山城址を望み、桐生川沿いの道を進みます。

2_20220417175501 3_20220417175701 4_20220417180101Photo_20220417180701 5_20220417180101

梅田中学校前で小休止をして、中居橋まで来ると、桐生タイムス社の横倉記者さんの取材がありました。この先、猿石から旧道を右に分けて、いよいよダム越えの急坂です。竹と杉の林に沿った道を進むと、桐生ダムの堰堤が見えてきました。ダムサイトのトンネルを抜けて、雪乃屋前で最後の小休止をしました。昨年は、八重桜が満開でしたが、今年は少し早いようです。

6_20220417180101 7

8 9  Photo_2022041718090110 11Photo_20220417181401

右手にダム湖を眺めながら進むと、桐生市野外活動センターの入り口を過ぎれば、目的地までもう一息です。

梅田ふるさとセンターに到着して、みんなで記念撮影をしました。

12

お待ちかねの昼食は、てんぷらそば大盛を奮発!(1080円)満腹しました!!

14

昼食後は、各自買い物をしたり、付近を散策したりして、13時25分発桐生駅北口行きのバスで、あっという間に帰ってきました。旧馬立橋の跡に行ってきました。昔自転車で梅田にやってきていたころ、この橋を渡って奥へ行ったことを思い出しました。暑くもなく寒くもなく丁度良い気候のハイキングでした。

15 16 17

今後の予定では、5月は吾妻山、6月は足尾、7月は城沼に行くのだそうです。また参加してみたいですね。皆さんも参加されてみてはいかがでしょうか?

2022年2月22日 (火)

打鐘式警報機、いよいよ廃止

上毛電気鉄道富士山下駅の西桐生駅方にある踏切に設置されている、打鐘式の警報機が、踏切廃止に伴い今月末に廃止撤去されるそうです。すでに、一台は壊れてしまったのか、音がしません。電車が来ると「チンチンチン・・・」とかわいい音がします。しばらく前には、今はならなくなってしまったもう一台がまばらに鳴って、面白い不規則なリズムで鳴っていました。上電も第四種踏切の廃止を進め、警報機も新しいものに取り換えが進んでいるようです。

今週後半からは、ようやく暖かくなりそうですので、春を探しに、富士山登山など試みつつ、最後の鐘の音を聞いてみるのも良いかもしれませんね。

写真は、8年ほど前に撮影したものです。廃止になる踏切と警報機、富士山の頂上から、富士山下駅へ向かう電車を撮影したものです。

Tozanguti Keihouki Joden

 

2022年2月21日 (月)

企画展「悲しみと明日へのボート」のご案内

3月に、桐生市本町三丁目パンセギャラリーで、企画展「悲しみと明日へのボート」が開催されます。今回も、「命のメッセージ展」を開催してきた長岡昇汰さんを代表とする実行委員会による企画です。

事件や事故で生きたくても生きられなかった人たちの家族や、病気や障害を抱えながらも懸命に生きる方々の制作したアート展です。

場所は、桐生市本町三丁目3-1、会期は、3月27日(日)から4月3日(日)の8日間です。

現在、高校の先生としてご活躍の長岡さんは、高校生の頃、通学で利用していた公共交通で発生した暴力により高校生命が落とした事件に遭遇して桐生地域で「命のメッセージ展」を開催しました。この展示会では、事件や事故で命を落とした多くの人たちへ家族の思いが込められた展示が為され、交通事故の悲惨さや、暴力事件のむごさを世間にPRしました。観覧をされた方も多かったと思います。

長岡先生が新たに企画した今回の展示会、是非足をお運びください。当会も応援しています。詳しくは、パンフレットをご覧ください。

ダウンロード - e682b2e38197e381bfe381a8e38182e38197e3819fe381b8e381aee3839ce383bce38388e4bc81e794bbe5b195.pdf